沖縄助成金サポートセンターの使命

私たちの考え方に賛同していただいて、真剣に経営を行っている方はお電話でご予約のうえ、ご相談ください。

事務的な対応ではなく、血の通ったアドバイスとサポートを行う
沖縄助成金サポートセンターからのお願い

 沖縄助成金サポートセンターの使命は、「地域の産業振興に人事労務を通して貢献する」です。その使命を実現するためにも、当サポートセンターは、労働に関する法律をきちんと守る事業主様を支援させていただきます。もちろん、「法令順守の意思はあるけど、方法が分からない」という事業主様も、どうぞ、私たちにお手伝いさせてください。「分からないことを分からない」と素直に言えることが経営者の特権でもあります。

 下記、当サポートセンターの助成金に関する考え方です。まじめに、真剣に事業を展開されたり雇用を拡大される方たちを支援したいと願う、当サポートセンターのスタンスを分かっていただくためにも大切な内容なので、ご連絡いただく前にぜひ一読ください。

助成金受給実績3億円(平成22年)の沖縄助成金サポートセンター

 沖縄助成金サポートセンターが平成22年の1年間に支援、申請し、受給が決定し、支援先企業の銀行口座に振り込まれた金額は、3億円になります。

沖縄助成金サポートセンターの使命

 沖縄助成金サポートセンターの使命は、「地域の産業振興に人事労務を通して貢献する」です。
 センター長の特定社会保険労務士である堀下 和紀は、福岡生まれ、慶應義塾大学卒、明治安田生命出身。沖縄に縁もゆかりもなかった男が、首里の紅型工房の娘と結婚し、うちなーむくとなって社会保険労務士事務所を始めました。
 うちなーむく、2児の父親の男が、一生、いや、孫の代まで沖縄の地に根を下ろすためには、全力で地域に貢献するしかありません。
 開業率ナンバーワン、廃業率ナンバーワンの沖縄に、東京の厳しさを教えること、沖縄のいいところを知らしめること、これこそが、社会保険労務士 堀下 和紀の使命と認識するようになりました。

助成金で雇用拡大と産業振興に貢献する

 沖縄助成金サポートセンターの運営母体である堀下社会保険労務士事務所もひとつの事業所です。そして社会保険労務士 堀下 和紀も1人の経営者です。いまでこそ、10名を超える社員を雇用していますが、最初は1名雇用するのも、「給料払えるのかな?」とドキドキしました。
 自分で創業して、社員を雇用する経営者だからこそ、創業者や経営者の気持ちが痛いほどわかります。ヒト・モノ・カネの経営資源の重要性が痛いほどわかります。
 ヒトは大事です。でもカネがなければ事業は回りません。
厚生労働省が「雇用の安定のために」事業主に給付する助成金の立法趣旨は、沖縄助成金サポートセンターの使命「地域の産業振興に人事労務を通して貢献する」と全く一致しています。

助成金セミナー・講演会・勉強会実績年間30回

 平成17年から沖縄県中小企業団体中央会、沖縄県産業振興公社、那覇商工会議所、浦添商工会議所をはじめとした経済団体、沖縄市管工事協同組合、沖縄県ビルメンテナンス協会をはじめとした事業主団体、その他様々な団体から、セミナー、講演会、勉強会を毎年30回以上依頼されます。
 現場の申請の生の話、失敗事例、成功事例、最新の情報・・・が毎回好評を博しています。多くの経済団体でのセミナーの実績がお客様に愛されている証明だと考えています。
そして、また、それが使命だと考えています。

助成金セミナーの様子写真

数多くの「沖縄」の事業主とのリアルなやり取り

 数多くの「沖縄」の事業主とのリアルなやり取りが当サポートセンターのノウハウの蓄積に役立っています。現場あっての私たちです。セミナーも、教科書を読み上げるだけのものではない、現場の臨場感あふれるものだからこそ、何度も何度も参加していただいているのです。しかも、沖縄の実情にあった助成金情報をアドバイスできます。

現場に裏打ちされたノウハウ

 現場に裏打ちされたノウハウが私たちのウリです。自動車は運転免許をとれば、誰でも運転することができます。しかし、上手に運転することは別物だと考えています。免許を持っているだけではなく、たくさんの路地を知っている、現場を知っている、それが重要だと考えています。

助成金は「ノーリスク」ではない!

 当サポートセンターも当初、「助成金はノーリスクだ!」と考えていました。しかし、助成金のノウハウが蓄積されればされるほど、「助成金はノーリスクではない!」と考えるように至りました。
 理由は、以下のとおりです。

  • 雇用のリスク
    そもそも、創業する、新規事業する、新規雇用する、従業員の労働条件を変える、就業規則を変える、それそのものがある意味、経営上のリスクを抱えることです。
  • 助成金を逃すリスク
    せっかく、ほとんどの要件を満たしていても、たった1つの要件を満たしていないだけで不支給のことがあります。99%OKでも、1%ダメなら、ダメなのです。チャンスロスのリスクがあるのです。
  • 不正受給を働くリスク
    助成金を受給したいがために、「いない人をいる」、「ないものをある」、「黒を白」とする人がいます。わざとでなくても、そうみなされるリスクがあります。
  • 不正受給に加担させられるリスク
    不正を意図的に勧めるバカモノが存在します。犯罪者が不正を勧めます。

沖縄助成金サポートセンターは正攻法しか行わない

 沖縄助成金サポートセンターは正攻法しか行いません。年間3億円の実績は、正攻法で積み重ねた結果です。
 創業や新規事業の展開に真正面から取り組んでいる経営者の「助成金おりてよかった!」、「ありがとう!!」そんな声を聞くために私たちは助成金に取り組んでいると言っても過言ではありません。
 正面から取り組めば、必ず成果はでます。

助成金のリスクを低減する

 私たちは、事業主の助成金のリスクを低減させるために存在します。

  • 雇用のリスク
    雇用のリスクは、経営の醍醐味です。甘んじて享受してください。雇用を行うことは、沖縄への、日本への、世界への貢献と割り切ってリスクを享受してください。
    ただし、私たちは、正しい労務管理のやり方を、法律の側面、モチベーションの側面、様々な側面から支援します。
  • 助成金を逃すリスク
    私たちは、「提案力沖縄ナンバーワン」を目指しています。事業主の雇用の計画を事前に聞かせていただくことで、より最適と思われる助成金を約100種類の助成金の中から複数を提案します。
    申請を考える助成金が決まったら、インターネットに出ていない、リーフレットに出ていない要件も現場力でカバーして全力で支援します。
    また、労務管理を万全にすることが助成金では大前提です。顧問契約をしていただくことで法的に問題のない体制を構築いたします。
  • 不正受給を働くリスク
    意図せずして不正受給を働く意思決定をしないように助言いたします。意図して不正受給をしようとする方との契約は行いません。また、行った場合は、契約を解除させていただきます。
  • 不正受給に加担させられるリスク
    不正受給を働く意思決定をしないように助言いたします。沖縄助成金サポートセンターの助言を聞き入れていただくように指導いたします。

私たちの実績は、血と汗と涙の結晶です。

 助成金は頻繁に改正がありますから、改正のたびに私たちにとっても初めての経験となるのです。その度に私たちでさえ、本当におりるのかどうか眠れない夜もありました。当サポートセンター長である社会保険労務士 堀下 和紀のみならず、当サポートセンターの助成金コンサルタント達も皆経験しています。
年間300件申請している私たちでさえ、不安にさいなまれます。

タイミングとスピードを逃さない

 助成金は、タイミングとスピードが大切です。1日違いでもらえなくなることもあります。これだ!と思う意思決定があれば、実行することが重要です。

組織力で支援します

 沖縄助成金サポートセンターは、社会保険労務士 堀下 和紀以外に、助成金に精通した職員が複数名います。助成金コンサルタントである、専務 山下 佳世、第3方面 主任石貝 貴之を中心に、1つの企業に複数名で助成金支援を行います。
 「社労士先生が倒れたから受給できませんでした・・・」そんなことがないような組織としての体制を構築しています。

沖縄助成金サポートセンターは「指導・助言」の役割を。社長は「意思決定」の役割を

 例えば、当サポートセンターの社会保険労務士 堀下 和紀は、「社労士先生だから偉い」とは考えていません。「指導や助言」は「役割」と考えています。社長が「意思決定」の「役割」を担っているのと同じです。「社長だから偉い」とも考えていません。
お互いに尊敬しあえる関係を築くことを目指しています。

「法令順守なんていってたらこの業界じゃ、倒産するよ」って方はご遠慮ください

 助成金の絶対条件は、法令順守です。労働条件通知書は提示する。賃金台帳をきちんと作る。給与計算を間違いなくやる。残業代はきちんと払う。社会保険に入らなきゃいけないんだったらきちんと入る。こうした、労働に関する法律をきちんと守る意思のある方だけを沖縄助成金サポートセンターは支援いたします。

「とにかく助成金だけ欲しい」って方はご遠慮ください。

 以前ご相談にいらした、次のような方がいらっしゃいました。
 「で、何屋さんを創業されるのですか?」と質問しても、「わかりません。」、そして最後には、「助成金がおりるように何か事業を考えてください」と。。。

 この方の依頼は、はっきりとお断りしました。私たちは、まじめに、真剣に事業を展開される方、雇用を拡大される方たちを支援するのです。

「法令順守の意思はあるけど、方法が分からないよ」って方はお手伝いさせてください

 法令順守の意思さえあれば、どうぞ、私たちにお手伝いさせてください。「分からないことを分からない」と素直に言えることが経営者の特権でもあります。餅は餅屋です。貴殿は本業で全力を尽くしてください。労務管理の構築は、プロフェッショナルの私たちに支援させてください。ただし、その場合でも、労務管理の「意思決定」だけは経営者に行っていただきます。私たちはあくまでも支援しかできないのです。

私たちの考え方に賛同していただいて、真剣に経営を行っている方はお電話でご予約のうえ、ご相談ください。

助成金受給可否診断10,000円。委託なさる場合には報酬額から割引して対応します。相談はこちら

助成金に対する考え方:沖縄助成金サポートセンター 助成金に対する考え方:沖縄助成金サポートセンター助成金セミナー実績 沖縄ナンバーワン!