食料品の製造/販売・900万円・地域雇用開発助成金

お客様の業種O株式会社様(食料品の製造・販売)
助成金の名称地域雇用開発助成金
受給した助成金の額900 万円


助成金受給までのプロセス

堀下の労働法セミナーを受講したことがきっかけで「就業規則の作成をお願いしたい」と依頼がありました。就業規則作成のため打ち合わせを重ねるなかで「製造工場に新しい機械設備を最近設置し、今後、製造・販売スタッフを増員していく」ということがわかり、地域雇用開発助成金を提案しました。
機械設備の代金の一部を支払い済みではありましたが、支払い残額が1,000万円以上あり、製造・販売スタッフの新規採用が5名となるため、地域雇用開発助成金の助成金額は1回につき300万円が受給可能となりました。

助成金受給のコメント&アドバイス

助成金に関する情報は厚生労働省から公表されていますが、情報提供不足な感が否めません。今回は、きっかけは就業規則の作成でしたが、顧問契約を交わし、打ち合わせを重ねるなかで、地域雇用開発助成金の受給可能性があることがわかりました。
労務管理についても顧問社会保険労務士として新しい賃金体系の導入や給与計算の代行、労働時間管理や、スタッフの採用・職場への定着促進までアドバイスを行うことが出来ましたので、地域雇用開発助成金の計画書の作成から第1回目の助成金の受給までスムーズに行えました。第2回目の受給も問題なしです。
新たな機械設備の導入とそれに伴う新規採用があると、この地域雇用開発助成金の受給可能性があります。新規事業の開始時、事業の拡大計画の段階でぜひご相談いただければと思います。

最新の助成金受給事例

助成金に対する考え方:沖縄助成金サポートセンター 助成金に対する考え方:沖縄助成金サポートセンター助成金セミナー実績 沖縄ナンバーワン!