私たちの考え方に賛同していただいて、真剣に経営を行っている方はお電話でご予約のうえ、ご相談ください。

助成金受給事例

診療所(1,600万円)地域雇用促進奨励金  複合企業 CDレンタルショップ(500万円)地域雇用開発助成金 建設業(1,910万円)地域雇用開発助成金  保育園(900万円)地域雇用開発助成金  飲食業(270万円)特定求職者雇用開発助成金 印刷業(60万円)キャリア形成促進助成金  複合企業 CDレンタルショップ(400万円)沖縄若年者雇用促進奨励金

お知らせ

沖縄で300万以上の設備投資、3人以上の雇入れをする方必見!

地域雇用開発奨励金を使いませんか?


平成25年5月16日地域求職者雇用奨励金と地域再生中小企業創業助成金は地域雇用開発奨励金に統合されました。

次の3つに該当する場合、地域雇用開発助成金の可能性があります。

  • 設置・整備に要した費用の総額が300万以上
  • 沖縄県に住む求職者を雇用保険被保険者として、ハローワーク等の紹介により3人(創業の場合は2人)以上雇入れすること
  • 事前に設置・整備、雇い入れの計画書を提出していること

(上記は、要点です。その他詳細な条件があります)

矢印

助成金の内容は以下のとおりです。

下記の金額を1年ごと最大3回支給(最大2,800万円)

※創業と認められる場合は、1回目の支給において、支給額の1/2相当額が上乗せされます。

単位:万円
設置・整備に 要した費用対象労働者の数
3(2)〜4人5〜9人10〜19人20人以上
300万円以上
1,000万円未満
50万80万150万300万
1,000万円以上
3,000万円未満
60万100万200万400万
3,000万円以上
5,000万円未満
90万150万300万600万
5,000万円以上120万200万400万800万

  (上記金額を最大3回支給)

矢印

糸満工場拡大を例にした場合の助成金受給の具体例は以下のとおりです。

  • 事業規模拡大に伴い、糸満工場を拡大。機械購入・内装工事・車両購入等の設備投資で総額5,000万円。正社員3名(週40時間)、パート7名(週20時間~週30時間未満)の合計10名(全員が雇用保険の被保険者)を新規に雇用しました。
  • 初回の申請日(完了日)と1年後・2年後の完了日を比較して糸満工場全体の雇用保険被保険者の人数は減少していませんでした。
  • 初回の申請日(完了日)から1年後・2年後の完了日までの間に、最初に申請書に名前を記載した労働者10名は、退職したとしても補充の人材、補充の補充の人材をそれぞれ4カ月以内には新たに雇入れをしていました。(補充の補充の補充ではない)
  • 初回の申請日(完了日)から1年後・2年後の完了日までの間に解雇を行っていません。
  • その他の細かい要件もクリアしています。

5,000万円以上、10人~19人のマトリクスに当てはめると・・・、

地域求職者雇用奨励金 400万×3回 =  1,200万円

糸満工場全体の雇用保険被保険者の年収の平均が200万円として、新規雇入れした労働者のうち 35歳未満の雇用保険被保険者が10人とすると、沖縄若年者雇用促進奨励金として受給できる額は 「基準賃金額×1/3×35歳未満労働者の人数」 なので、、、

沖縄若年者雇用促進奨励金 398,866円×1/3×10人= 約400万円

つまり、地域雇用促進助成金として受給できる総額費用は、、、
地域雇用促進助成金
1,200万円 + 約400万円 =
 約1,600万円

(地域求職者雇用奨励金) (沖縄若年者雇用奨励金)

沖縄で助成金受給サポートならお任せください

助成金受給実績3億円(平成22年)
数多くの事業主とのリアルなやり取りがノウハウの蓄積に役立っています。

平成22年の1年間に支援、申請し、受給が決定し、顧問先企業の銀行口座に振り込 まれた金額は、3億円になります。
助成金チームとして、1つの企業に複数名で助成金支援を行います。
「社労士先生が倒れたから受給できませんでした・・・」そんなことがないような組織としての体制を構築しています。

沖縄助成金サポートセンター5つのポイント

安心の完全成功報酬

当事務所は、着手金無料での助成金申請サポートをさせていただいております。そのため、もし万が一、助成金がもらえなくてもサポート料金をいただくことはありません。 安心して当事務所にご依頼下さい。

助成金受給実績3億円(平成22年)

堀下社会保険労務士事務所が支援平成22年の1年間に支援、申請し、受給が決定し、顧問先企業の銀行口座に振り込まれた金額は、3億円になります。

セミナー実績年間30回

平成17年から沖縄県中小企業団体中央会、沖縄県産業振興公社、那覇商工会議所、浦添商工会議所をはじめとした経済団体、沖縄市管工事協同組合、沖縄県ビルメンテナンス協会をはじめとした事業主団体、その他様々な団体から、セミナー、講演会、勉強会を毎年30回以上依頼されます。 セミナー実績についてはこちらから >>

助成金のリスクを低減する

雇用のリスクや、助成金を逃すリスクなど、私たちは事業主の助成金のリスクを低減させるために存在します。

提案力沖縄ナンバーワン!

事業主の雇用の計画を事前に聞かせていただくことで、より最適と思われる助成金を約100種類の助成金の中から複数を提案します。

沖縄助成金サポートセンター 助成金コンサルタントによる助成金相談・助成金診断のご予約はこちら TEL:098-942-5528

助成金受給可否診断10,000円。委託なさる場合には報酬額から割引して対応します。相談はこちら

助成金に対する考え方:沖縄助成金サポートセンター
助成金セミナー実績 沖縄ナンバーワン!
堀下社会保険労務士事務所:沖縄の助成金、労務トラブル、労務管理をサポート 堀下和紀オフィシャルサイト